ザッキロク、うつ病奮闘記

うつ病の底辺落第大学生が日々の生活を綴って、人生を実況中継。

外出の機会と就活

f:id:yt-mgu15ju:20190404225946p:plain
バイトがないと本当に外に出る機会がないので、無理やり外出の口実を作り、散歩にくり出していることが多いです。


また、今は通学定期を持っていないので電車でどこかに出かけることもできない。


これが俺の生活に大きな影響を与えたといえます。


どこに行くにも金がかかる。となると、外出は徒歩圏内になる、しかし、徒歩圏内でいけるところなどたかが知れているので次第に散歩に飽きてくるのです。


散歩が億劫になると俺は本当に家から一歩も出ずに過ごします。まるで日常から目を背けるように。


その方が気が楽なんです。でも、それに慣れてしまうと就活の時にまた苦労することが目に見えているので、しないようにしています。


去年就活してみて、やはり生身のコミュニケーションは難しいと感じました。散歩でコミュニケーションはないのですが、少なくとも引き籠っている時、あるいはメンタルが壊れている時と比べて、社会とつながっている感覚に陥り何となく安心感を味わえます。


ああ。明日には定期を買います。そして私は留年生として過ごすことになるので、学生証の有効期限が切れます。その交換にも行かねばなりませんし。