ザッキロク、うつ病奮闘記

うつ病の底辺落第大学生が日々の生活を綴って、人生を実況中継。

朝井リョウ「少女は卒業しない」

 

少女は卒業しない (集英社文庫)
 

 

昔買ったけれども、途中で読むのをやめてしまった本。

最初から読み返してみた。

この本は、同じ時間帯(卒業式の日)に同じ高校で過ごしていた数人の出来事を章ごとに分けて書かれた小説。

 

次の章に入って、前の章に出て来た人がまた出たり、その人の情報をもとに読み手に想像させるような書き方も素敵だったし、喋り口調で書かれた章も特徴的だった。まるで自分が、そこにいるかのように感じた。

 

青春の1ページって感じの本。